• 図面を持っているエンジニア
  • 暮らしやすい住まい

    沢山の屋根

    これから新たに住まいの購入を行う方は、一戸建てを検討されるケースも多いのですが、この場合には既に建物が建設された建売の状態で購入するケースが多いのです。
    しかし住まいに対してこだわりを持たれている方は、自分の希望する仕様を反映できる注文住宅にされる事がお勧めです。
    これは敷地の中での建物の向きや、部屋の間取り、木造や鉄筋などの仕様を全て選ぶ事が可能なのです。
    そして建物の中に設置する住宅設備として、キッチンや浴室そして洗面台やトイレなどが有りますが、これらの仕様をショールームを見学するなどして選択して取入れる事が可能となっています。
    また最近は太陽光発電装置を設置されるケースも増えていますが、これも含めて設計段階で盛り込み出来るのです。

    そして注文住宅においては建物全体に自分の希望内容を提案する事が出来ますが、この際には予算上限額を設定しておく事が大切となります。
    これは設備仕様を良いものにしますと値段が高くなり、これらを積み上げて行きますと非常に建設費が高額になってしまう事が有るからです。
    また建設業者については複数の会社から相見積もりを取るなどして選定する事が必要です。
    これは同じ建物の仕様であっても会社によって工事費等が異なり、総工費に大きな差が発生するケースが有るからです。
    住まいの仕様が決まりましたら、複数の建設業者に相見積もりを取るなどして値段と信頼の高さなどを考慮しながら最終的に利用する会社を決めて行く事が必要となります。