• 図面を持っているエンジニア
  • コスト削減をする

    コンクリート

    一言で注文住宅と言ってもその程度によって契約する会社にも違いが出てきます。一般的にすでに建築済みの物件を建売物件と呼びます。
    建売物件と対照的なのが注文住宅なのです。住む人がそれぞれのライフスタイルに合わせた家を作ることが可能です。
    とはいえこの注文住宅とても幅が広いのです。細部の材料にまでこだわりを持って建築する場合には設計事務所に依頼するとより理想の住居を手に入れることができます。
    一方でハウスメーカーなどでも注文住宅の販売を行っています。とはいえこういったところではあらかじめマニュアルが設けられています。
    さらに言えばハウスメーカーによって構造部材は決められています。鉄骨や木造など躯体に利用する材料のことです。
    こういった会社ではある程度決められた範囲の中で自由に設計することができるのです。

    もちろんハウスメーカーで建てる場合でも細部にまでこだわることはできます。ここでいう細部というのは仕上がりという意味です。
    ハウスメーカーでは基本的に躯体に複数の材料を使用することが不可能な場合が多いのです。また可能でも場合によっては過去の経験が少ないなどあまりハウスメーカーに依頼するメリットがない場合もあるのです。
    キッチンやユニットバスなどの設備も各ハウスメーカーである程度取引相手が決められています。ですから普段から取引していないメーカーの設備を使用するとなると高額の見積もりになってしまうことも考えられます。
    というのも設備機器本体を仕入れるルートを持っていない場合もあるからです。そうなると家電量販店で購入するのと同程度の価格になることも考えられるのです。
    とはいえ家電量販店で販売されている物の多くは家電量販店向けに造られたモデルである場合が多いのです。ですから物としては住宅メーカーから購入した方がしっかりしているということも考えられます。
    このようにどこまでこだわるのかによって契約する会社が変わってくるので契約前にしっかりと悩むことが必要です。